読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めも帖

「めも帖」代わりにダラダラと書いていったり、めもしたりしているだけです。

集合知プログラミング

Python 書評

ようやく手にしてみました。Pythonのコードへの抵抗もだいぶ減り、読める気がしたからかもしれません。今回は、図書館で借りてみました。

読んでみると、数学の知識が足りなすぎて「?」となる事が多すぎました。実際に、Pythonのコードを実行してみたりして、動く事はわかるんですが、どうしてそんな計算になったのか?という背景の理解ができません。自分の数学の力の無さにガックリです。
幾何学とか、統計学とか、微分積分とか、高校のとき習った?というのが出てくると、もうボロボロなんです。体系的な知識がないので、???と頭に浮かんでくるばかり。

PHPがかけるとか、JavaScriptが...という前に自分の基礎力の足りなさを感じます。こうした数学的な知識もそうです。積み重ねになる土台が、すごく足りない。
本は読みきれなかったけれど、そうした基礎力向上が自分に大切なんじゃないか?と考えさせてくれた一冊です。

というわけで、数学に関して勉強してみたいです。

追記

ちょうど書き終えたところで「404 Blog Not Found:書評 - 統計を学ぶ三冊+1」というエントリーが公開されていました。ほんと、ちょうど良すぎです。

集合知プログラミング

集合知プログラミング