読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めも帖

「めも帖」代わりにダラダラと書いていったり、めもしたりしているだけです。

統計学入門 (基礎統計学)

書評

ええと、ちょこちょこ読んでいるのですが、読み切れない。
というよりも、ちょこちょこ読むタイプの本ではなくて、ガツンと時間を取って読む本なのかも。東京大学の教科書ということなんですが、難しい!というよりも、緻密に書かれているので、大雑把に知りたい人(ワタシです)が読むには向いていないです。でも、深く知るには良い本だと思います。

あと、高校の数学の理解が前提で進んでいるようです。高校数学の知識というと、微分積分あたりの理解・知識がないとこの本は厳しいかも。というわけで、高校数学について、しっかり学んだ方がいいんだな、と思うのでした。もしかしたら、中学の数学についても...という事になる可能性がありますけれど。

ただ、この辺りの本の事がわかってくると、数学が楽しくなりそうな気がするんです。日常で起きている事や、ニュースなどで出てくる統計情報を深く知る事が出来そうだからです。そうすれば、普段得る情報も一段階踏み込んだ情報になるはず。

この本の発売が1991年で、東京大学の教科書なので図書館でも借りられる本だと思うので、統計学が気になる方はぜひ。

統計学入門 (基礎統計学)

統計学入門 (基礎統計学)