読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めも帖

「めも帖」代わりにダラダラと書いていったり、めもしたりしているだけです。

エンパワード

書評

読むきっかけ

[徳力]本日発売の書籍「エンパワード (ジョシュ・バーノフ)」は、企業の中でソーシャルメディアを担当しながらも悩んでいる方々に、是非読んでほしい一冊です。」を読んで、読みたくなりました。とはいえ、グランズウェルを読んでいないんですが...
06/30に読了。

エンパワード

読んでみて

かなりのボリュームです。一度読んだだけだと、「うううう」となるぐらいに、ボリュームがあり、頭に大量の情報が来て、混乱します。いや、混乱しました。

ソーシャルメディアを利用したマーケティングだけじゃなく、顧客の満足を増やす、不満を解決する人(HEROと呼ぶ)を応援しよう!という話。応援するためには、組織で応援しましょう!ということ。一人でやっていても、限界はあるし、HEROがたくさんいるほうが、より良いはず。
組織で応援というあたりがポイントかな?と思います。なかなか、組織全体でソーシャルメディアでの社員の活動を応援する、というのを聞いたことがありません。むしろ、あれはダメ、これはダメ、という話は聞きます(話題にしやすいから、というのもあるのだと思います)。そうしたなかで、社員一人ひとりの力をさらに発揮しやすくする考え方、というのは、マーケティングだけじゃなくても、大切な事なんだと思います。
組織での話で、IT部門はどうするべきか?という話もでてきます。「あるある」という類の話が出てくるので、自分の状況に置き換えて読めます。

おすすめ

マーケティング担当者に向けて、ということではなく、誰にでもおすすめ。
マーケティング向けと呼ばれる本って、ビジネス?経済?についてのことが書かれています(ノウハウ本じゃなければ)。なので、マーケティング担当におすすめ!というのは、大体の社会人におすすめなんじゃないかなあ、と最近思うようになってきました。

エンパワード ソーシャルメディアを最大活用する組織体制 (Harvard Business School Press)

エンパワード ソーシャルメディアを最大活用する組織体制 (Harvard Business School Press)


グランズウェル ソーシャルテクノロジーによる企業戦略 (Harvard Business School Press)

グランズウェル ソーシャルテクノロジーによる企業戦略 (Harvard Business School Press)