読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めも帖

「めも帖」代わりにダラダラと書いていったり、めもしたりしているだけです。

CSS3で追加になったセレクタを試す

スマートフォンだとか、Firefoxや、WebkitだけだとCSS3を使うことが増えます。
改めて、CSS3について調べてみると、セレクタが増えてます。そうか、増えていたかと思い、テーブルや、ulなどで使いそうなのを書いてみました。

nth-child(even)

偶数番目の要素(エレメント)に対してスタイルを設定します。
よくある偶数番目に色がつく表の対応がJavaScriptを使わなくても、対応できます。
スマートフォンでも、よく使われている表現なので便利!

first-child

ただ、1行目は...ということもありがち。
あと、要素が並ぶときに、1つめの要素にはborder-topで線を出したい...ということも出来そう

last-child

ただ、最後の行は...ということもありがち。
とうぜん、border-bottomで、線を出したい、ということもありますね。もしくは、marginの設定を変更したいとか。

ソース

<html>
<head>
<title>CSS3 select</title>
<style>
#table_test tr:first-child {
	background-color: #e7e7e7;
}

#table_test tr:nth-child(even) {
	background-color: #F9F1E3;
}

#table_test tr:last-child {
	background-color: #ff0000;
}

#ul_test li:first-child {
	background-color:#e7e7e7;
}
#ul_test li:nth-child(even) {
	background-color: #F9F1E3;
}
#ul_test li:last-child {
	background-color: #ff0000;
}
</style>
</head>
<body>
<ul id="ul_test">
	<li>1つめのあれこれ</li>
	<li>2つめのあれこれ</li>
	<li>3つめのあれこれ</li>
	<li>4つめのあれこれ</li>
	<li>5つめのあれこれ</li>
</ul>

<table id="table_test">
	<tr>
		<td>あれこれ1</td>
	</tr>
	<tr>
		<td>あれこれ2</td>
	</tr>
	<tr>
		<td>あれこれ3</td>
	</tr>
	<tr>
		<td>あれこれ4</td>
	</tr>
	<tr>
		<td>あれこれ5</td>
	</tr>
	<tr>
		<td>あれこれ5</td>
	</tr>
</table>

</body>
</html>