読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めも帖

「めも帖」代わりにダラダラと書いていったり、めもしたりしているだけです。

ディズニー そうじの神様が教えてくれたこと

書評

読むきっかけ

テレビで紹介されていたのを見つけて、図書館で借りてみました。
結構人気があるのか、なかなか借りることが出来ませんでした。
ディズニー そうじの神様が教えてくれたこと

読んでみて

思ったよりも、厚さが薄い本でした。
書き方も、いわゆるハウツー本ではありません。物語で伝える形式になっていて、スキルとか、テクニックを求めてよもうとすると失敗しそうです。思想だとか、物事の背景についてが、物語形式で書かれた一冊になっています。

物語形式で書かれていることもあり、読みやすいのですが、ちょっと水戸黄門のようなストーリ展開になっているので、飽きてしまうことがあるかも...とも思いました。

水戸黄門の印籠のように大切な事は最後のほうで繰り返しでてきます。
「自分で限界を決めたら、それまで。夢は叶わない」ということ。
これが繰り返しでてきます。サービスについて限界を決めるのではなく、さらに、さらに考えて行動をする。
それが、ディズニーランドを支えていることは、間違いなさそうです。

おすすめ

ディズニー好きな人には、オススメしないかも。
ディズニーが何を考えているのか?を知りたい人は、ぜひ。