読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めも帖

「めも帖」代わりにダラダラと書いていったり、めもしたりしているだけです。

塹壕より Scrum と XP

書評

読むきっかけ

お仕事で気になって。
あと、アジャイルサムライを読み終えたので、他にアジャイル開発関係で何かないか探していたところで、紹介されました。

読んでみて

PDFで読みました。そう、PDFで読めます。通勤電車のなかで、iPhonekindleに入れて読みました(ハードウェアのkindleは、持ってない)。
塹壕より Scrum と XP
アジャイルサムライを読んで、アジャイル開発について、なんだかわかってきていたところだったので、実例としての本書(?ファイル)は、現場で考えるポイントが出てきて、実際の開発現場とも照らし合わせて読むことが出来ます。アジャイル開発についての実用書というところだと思います。
特徴的なのは、筆者が実践してきたことが主になっていること。それと、スプリントや、スクラムといったアジャイル開発で聞かれる単語について理解もしくは、だいたいわかるぐらいだと、スイスイ、クスクス読めると思います。

開発者視点で書かれていること。開発者視点で読んでいるので、テスト駆動開発について気になりました。アジャイルサムライでも書かれていたのですが、やっぱり重要性が高いんだと、認識。このあたりは、自分から取り組まないといけないですね。
全体を通してなんですが、

  • 開発に集中しやすい環境作り
  • プロダクト重要

ということ。
プロダクト重要というのは、開発したものを、チーム全体(発注者もチームだよね)で共有できることだから。そして、そこから方向転換/調整が始まって開発が進むのだと思います。

おすすめ

アジャイルサムライの時と同じなんですが、開発/制作の現場にいるマネージャーさんとか、ディレクターと呼ばれる人もだと思います。
ちなみに、PDFなので印刷することも可能で、iPhoneなどに入れて読む以外も可能です(たぶん)。