読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めも帖

「めも帖」代わりにダラダラと書いていったり、めもしたりしているだけです。

孫文の義士団

映画

孫文の義士団」をシネマスクエアとうきゅうで見ました。
孫文というと、革命家というぐらいしか覚えていなくて、どうもこのあたりの歴史が、すごく曖昧です(他も曖昧だけれど)。

映画自体は、13人の刺客を思い出します。インパクトは、13人の刺客の方が好きです。少し大味なのかも。
それよりも、孫文が活躍した頃の時代というのが、よくわからないのです。ちょうど、「英国王のスピーチ」も、近い時代ですし、本当に激動の時代だったんだと思います。日本も日露戦争のあたりでしょうか。

こうした歴史にまつわる映画を見ると、歴史の授業は近代史から初めて欲しいなあ...と思うのです。もしくは、一つの年代でアジア、ヨーロッパ、などグローバルなところから知りたい、と思う映画。
ゆうきまさみさんも、言っていたことを思い出したのでした。

孫文-100年先を見た男- [DVD]

孫文-100年先を見た男- [DVD]


十三人の刺客 豪華版(2枚組) [DVD]

十三人の刺客 豪華版(2枚組) [DVD]


ゆうきまさみのはてしない物語 (ニュータイプ100%コミックス)

ゆうきまさみのはてしない物語 (ニュータイプ100%コミックス)