読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めも帖

「めも帖」代わりにダラダラと書いていったり、めもしたりしているだけです。

レバレッジ英語勉強法

書評

読むきっかけ

英語をやっぱり使いたいから、あれこれ始めてみたけれど、勉強法には疑問があったので。「レバレッジ」シリーズの本では、どうやっているのか知りたくなって手にした一冊。古本屋さんにおいてありました

レバレッジ英語勉強法

読んでみて

一点突破型で勉強する感じです。
英語のプロフェッショナルを目指すわけではないので、

  • 自分の興味のある範囲の英語
  • 英語で何をしたいのか?
  • 使ってみる

というのが大切なんじゃないかと、思いました。
あと、3ヶ月以内だとか範囲を狭めて集中して行うこと。これは、真似できてないなあ。
自分が英語を使える状態を想像して、そこにモチベーションを高めていかないと、継続しないし、どこか引っ掛かりがあると、だいぶモチベーションがあがり、好循環が開かれそう。そのためには、3ヶ月という期間を決めてやっていくのが大切なんだと思えました(出来ていませんが...)
たしかに、英語を言語として知りたいわけじゃないので、自分の立場で使える状態、使えるツールとして捉えるなら、多少の間違いを基地にするよりもドンドン使って経験を積むほうが、いいです。
自分も使って、英語を手懐けたい

おすすめ

英語を使ってみたいと思った方に、おすすめ

関連

  • たったの72パターンでこんなに話せる英会話
  • 日常会話なのに辞書にのっていない英語の本
  • ポジティブ・イングリッシュのすすめ
  • 日常英会話 話しかけ&返事のバリエーションを増やす—どういう問いかけには、どういう返事が必要か?
  • 自分のことを英語で話すパーソナルワークブック

レバレッジ英語勉強法

レバレッジ英語勉強法