読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めも帖

「めも帖」代わりにダラダラと書いていったり、めもしたりしているだけです。

読んでいた本を振り返ってみました

書評

最近、「どんな本を読んでいるの?」と聞かれたことがあります。言われてみたら、読んだら大体はブログに感想や、メモを書き残しているんですが、改めて振り返ったらなにがあるのかな?と思いました。そこで、ビジネス書などは少し避けて、強く印象に残っているのを挙げてみました。そして、過去のブログと、Amazonのアフィリエイトリンクを貼るという

IA、ユーザビリティ、UI/UX

どれもここ最近で読んだもの。大体、実践的な本が多いです。

IAシンキングは、放置していたIAについて、改めて学ぶ機会を求めて、読んでみました。ちなみになんですが、IAといえば、「シロクマ本」。実は、初版を読み始めて、途中で投げ出した記憶がありました。けれど、そこから学んだことも多いように思います。

「ユーザビリティエンジニアリング」は、ユーザビリティを考える時には、とっても実践的な本。問題は、この内容でも、なかなか実践出来ていないこと。数値で表すことについて、ズバッと指摘していることと、「人間中心設計(HCD)」について学びたくなりました。

「サイトサーチアナリティクス」は、また、読んでみようかな。

IAシンキング Web制作者・担当者のためのIA思考術

IAシンキング Web制作者・担当者のためのIA思考術

ユーザビリティエンジニアリング―ユーザ調査とユーザビリティ評価実践テクニック

ユーザビリティエンジニアリング―ユーザ調査とユーザビリティ評価実践テクニック

サイトサーチアナリティクス  アクセス解析とUXによるウェブサイトの分析・改善手法

サイトサーチアナリティクス アクセス解析とUXによるウェブサイトの分析・改善手法

Web情報アーキテクチャ―最適なサイト構築のための論理的アプローチ

Web情報アーキテクチャ―最適なサイト構築のための論理的アプローチ

デザインの話

デザインに関する書籍って、あまり読んでないんですね。読んだつもりになっていたけれど、「誰のためのデザイン」読んでいないのかも。むむ。 読んだことがあるのは、他にもあるけれど、メモがない...

複雑さと共に暮らす―デザインの挑戦

複雑さと共に暮らす―デザインの挑戦

誰のためのデザイン?―認知科学者のデザイン原論 (新曜社認知科学選書)

誰のためのデザイン?―認知科学者のデザイン原論 (新曜社認知科学選書)

編集

気づいたら、編集の本なんて読んでいました。 「MEDIA MAKERS」も良い本だけれど、こちらの本も良かった。よく、「コンテンツが足りない〜」なんてなるんですけれど、編集のことを知ると、創りだすことが出来るんじゃないか?なんて気になります。あ、あと、情報設計がされてくると、情報の結び付をしやすくなって、コンテンツが生まれてくるんじゃないかな?と思ったりもします。

はじめての編集 [単行本]

はじめての編集 [単行本]

仕事 / 開発

開発手法として、アジャイルのことをアレコレ読んでみていました。 アジャイルサムライには、実際どうだった?という「26人のサムライ達」は、お手軽に読めて、他社の実績が見えていいものです。 で、「SCRUM BOOT CAMP THE BOOK」は、アジャイルサムライを実際にやってみたら…という一冊。サムライじゃないけれど、等身大に近いボクの姿になりたいです。

「ピープルウエア」とか、「人月の神話」は、定番。

アジャイルサムライ−達人開発者への道−

アジャイルサムライ−達人開発者への道−

SCRUM BOOT CAMP THE BOOK

SCRUM BOOT CAMP THE BOOK

ピープルウエア 第2版 ? ヤル気こそプロジェクト成功の鍵

ピープルウエア 第2版 ? ヤル気こそプロジェクト成功の鍵

人月の神話―狼人間を撃つ銀の弾はない (Professional computing series (別巻3))

人月の神話―狼人間を撃つ銀の弾はない (Professional computing series (別巻3))

37signals

「小さなチーム、大きな仕事」は、自分の仕事の仕方について考えるきっかけだし、自分の中で、理想になっています。アジャイル開発でも、チームの人数について指摘があります。今は、自分の中で最大規模の人数(開発だけじゃなくて、デザイン担当とか含めて)だし、チームについて色々と考えてしまうのかも。

小さなチーム、大きな仕事〔完全版〕: 37シグナルズ成功の法則

小さなチーム、大きな仕事〔完全版〕: 37シグナルズ成功の法則

  • 作者: ジェイソン・フリード,デイヴィッド・ハイネマイヤー・ハンソン,黒沢 健二,松永 肇一,美谷 広海,祐佳 ヤング
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2012/01/11
  • メディア: 単行本
  • 購入: 21人 クリック: 325回
  • この商品を含むブログ (31件) を見る

まとめ

まとめてみると、ちょっと偏りがあることと、読んでいる量は少なめだと思います。もう少し読んだ方がいい本がありそうです。 あと、CSS3などの本を紹介して〜とも言われていたんですが、意外と読んでない。むしろ、デザインサンプルとなりそうな本を読んでたりはするんですけれど。 技術系の本は、チラチラ読んでいるのですが、省いています。Railsの本とか、Perlの本とか、Solrの本とか、読みましたけれど、つまみ食い的に読んでいるので。